siggy_l.jpg

異端審問官 シギィ

 

「神への冒涜ですわ。火あぶりを適当といたします」 


中央教王庁所属の修道女であり、異端審問官。悪魔崇拝者や異教徒はもちろん、不埒な信徒もすべて火あぶりにすることが彼女の使命である。

彼女は熱烈な神の信奉者で、その厳格さにより女王クローデットも一目置く存在である。

異端と判断したものは自らの権限で罰することが許されている。彼女は残虐な性格というわけではなく、むしろ普段は善良な女性なのだが、どこまでもマジメで融通が利かない性格のため審判を下す時には躊躇がない。

叛乱軍を異端者の巣窟として滅ぼすことに執念を燃やしている。首魁アンネロッテを悪魔の血を引く忌まわしい存在と見ているのだ。また、彼女は錬金術も異端であるという自論を持っている(これは中央教王庁でも意見が分かれているところである)。

戦闘技術も極めており、"聖炎の槌鉾"と"神鎖剣"を使う武器の腕はアンネロッテと互角以上。さらに神の奇跡を顕現させる"神聖力"(ディヴァインパワー)の使い手である。なおその際には、経典に記された"聖なるポーズ"を忠実に実行する必要がある。

      身長:165㎝
      B:88
      W:58
      H:84
      職業:異端審問官
      武器:聖炎の槌鉾、神鎖剣
      防具:神鎖剣
      好きなもの:規律
      嫌いなもの:錬金術
      趣味:読書

 

 

 

 

 

 

 

character created by 織田non

キャラクターページインデックスへもどる